読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

お好きでしょ

Barが好きだ。

カウンターに座りバーテンダーと二人でぽつら、ぽつら、喋り

少しくぐもった声で、ふふふ、とほくそ笑む。

そんな絵(光景)が好き。

 

ただ見守ってくれるバーテンダーさんの心遣いには本当に感謝していた。

 

お酒はあんまり強くない。

でも、頬をほんのり赤らめると可愛いじゃない。

やっぱりお酒を飲むんだったら美味しいものがいい。

食べ物もそうでしょう。

 

ゆったりとした音楽が流れて、喧噪の中の時間もそのあいだだけはゆっくりと感じて

気持ちよく酔いがまわってきた頃に

それではごきげんよう。なんて、うっとりしてしまう。。

 

Barに通わなくなってから、もう随分と時が経ってしまったなぁ。

 

一人で抱えていた悩み事や

ただモヤモヤしている胸の内を吐露できる唯一の場所だった。

 

ああ、懐かしい。

「またね」そう云える相手が居なくなったことは

ちょっとさみしいけど

誰もが自分の道を歩んでいるよ。

 

あったかいお風呂に浸かろう。好きな入浴剤も入れてね。

 

もう明日。