読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

「都会と田舎」なんて比較しないで

いつものようにTVを見ていたある日のこと。

東京の女子高生ってこんなことして過ごしてるんだぜ!っていう感じの企画ものだったと思います。

 

わたしは九州でも、もっと言えば全国でみても超・ド田舎に生まれ育ち、大学でこそ県外に出はしたもののまたこの地で暮らしています。

県外といっても、やっぱり九州の中でうちの県と1位2位を争っているような所です。

それでもわたしは、うわ!めっちゃ都会!圧迫感がすごい;;とか思ってたくらいです。

 

そんなこんなで東京の街並みとかお店とか紹介されても現実とかけ離れ過ぎていてバカなんじゃないかと思ってしまう。。

 

ネットには全国各地の人がアクセスしているはずなのに、どうしてだか東京?関東あたりの人が多い気がします。わたしだけでしょうか…?

 

そこであの日見たTVの内容。

幼い頃からあんな生活していたら、そりゃあおませさんになるだろうし

感覚が違って当然だな、と確信しました。

ただの「生活環境の違い」じゃ済まされないレベルです。

 

田んぼの中走り回ったり、川とか山?林?(いや、なんていうの大したものじゃないソレ)で遊んで海は干潟だし。

お店ですか?コンビニは車で行くものだと思っていましたし、やっぱり今でもそうです。

電車の乗り方を学んだのは、大学生。

いや、乗ったことはあったんですが、ほとんど生活の中にない特別なものだったから、時刻表の見方も分からない、上り/下りの意味も分からない、改札ってどうやって通っていいか分からない、そんなことの方が普通なのです。

 

カラオケは2時まで空いてる所なんて奇跡みたいな所なのです(12時閉店とか普通です)。

ちょっと都市部に行っても、ほか弁は9時で閉まる所もあります。

大抵のお店は10時くらいまでしか空いてません(オーダーストップとか)。

居酒屋さんはどうなのでしょう?新しい所は分かりませんが、ほんとの田舎町はスナックかボローい飲み屋さんとかしかないです。

 

だから、夜に出歩くなんてことは塾くらいしかないのです。

夜の田舎は塾の送迎でお父さんお母さんたちは大変です。

だって自転車で帰るには遠すぎたり、暗すぎたり、電車も終電終わってたり。。

バスも普通の大きさから今は小型になってしまいました。

利用する人がいないんですね…。

わたしもバス利用した経験は数えるほどしかないので、きちんと時間通りに来るのか、どの道を通って、本当に目的地にたどり着けるのか不安で、今でもバスに乗るよりは電車か、もういっそ自分の車運転したほうが精神的に安心できます。

 

TVは基本、首都圏?の流行りを伝えているけれど

現実問題として、そんなものは流行ってないし、そんなお店を見かけたこともないし。。なんて、よっぽどローカルTVの方が面白いなぁと思う時もあります。

 

ファッションだってそう。

TVで、ちょっとでもお洒落だと云われてるような恰好(髪型やメイクも)してたら頭オカシイ人なんじゃないかと思われる。

多分、わたしも、毛皮のコート着てる人とかいたらなんだこの変な人!?って思います。

 

しかし。

これは地域格差とかでもないと思うんです。

 

その街並みに似合うお店や恰好があっていいと思うんです。

ただ、TVで云われることはほんの一部だけで、わたし達にはわたし達なりの暮らし方があって

それを「ダサい」とか、一言で片付けないで頂きたいのです。

 

(まあ、そんな風に言ってる人がいるのかどうか、わたしは知りませんがね。)

 

つまり。

東京が首都であっても、日本を背負ってる(?ドンピシャな言葉が見当たらない)なんて思うなよ!それは勘違いだー!と声を大にして言いたいです。

 

もうさ、ちょっとくらい分散していいんじゃないの。。

良い所たくさんあるよ。