読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

ぼんやり甘い蜃気楼

昨日、ある人の誕生日だった。

忘れられないことが沢山あって、どこかでばったり会えたりしないかなって

思ってしまう。

 

とりあえず1年間の保険ができて、引っ越しが終わったら電話でもしてみようかな。

 

 

片付けをしていた時に、第二ボタンを見つけた。

このボタンははたして誰のものなのか・・?

先輩だと思うけれど、もしかして同級生の人からももらったんだっけ・・?

忘れてる。

 

でも、確実にもらった記憶があるのは先輩だから、先輩のものにしておこう。

 

コイスルオトメ

オトメっていつまで?

童顔のわたしは大人の女性に憧れます。

 

 

桜のつぼみがほころび始めたよ

いいなぁ。。春が好きだ