赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

「わたし」を創ってきたものたち

お久しぶりの日曜日。

先週は両親が来て、バタバタ色々と調達するために買い物に行ったり。

 

やっと学校に慣れてきた。

生活と、授業。

でもまだ、人間関係の中でぐらぐら不安定。

専門学校ってこんなにペースが速いのか・・と、わたしは同じ内容を大学4年間でやってきたから1年で全部こなすのは信じられないくらいだ。

それを初めてやってるクラスメートは凄いなぁと思う。

 

どうやって勉強してたっけ、と

一旦実家に帰ってノートやらファイル、実習計画書とか見直したい。

でも実家に帰る時間がない。

 

まあ、それでもやっていくしかないんだけど。

 

 

一か月経ち、二か月目も後半に入ると、だんだんと皆のことが見えてくる。

あーこの人はあの人のこと苦手なのかな

おおお、そんな一面があったのか

とかなんとか色々感じたり思ったりしながら、わたしはどうしようかな…と考えている。

 

(いや、どうしようとかじゃないんだけど)

 

敏感になってしまうし、どうしても気になってしまうことがあるから

そこをどううまく交わしていくか。

距離感って大事。適切な。

 

そういえば、誰かが言ってたなぁ。。

自分は最初がマイナス評価からはじまるから、ちょっと良いことするとプラスに加点されるから、いいんだー!みたいなことを。

わたしはどちらかというと、良い人にみられる方だから、なかなか素でいけなくなっちゃうんだよな。

集団行動の中では、やっぱり協調性の方が引き出されるみたいだ。

だからストレス溜まるのか。

 

 

 

(余談)

この間までの生活がなんか頭をチラつく。もう忘れたいことなのに、とても邪魔。

あーーーー!!!!!!!

もう嫌。

 

あの人達の顔や言動が頭をよぎるのは、もうちょっとやめて。

でも、その数年間があって今のわたしがあるんだから仕方のないことなんだけれど、ふぅ。。