赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

祐介と世界観

わたしが

尾崎さん率いるクリープハイプの4人を、何故”もさもさ”というコトバで現してしまうか引っかかっていた謎が解けたみたいだ。

 

news.yahoo.co.jp

 

「祐介」はまだ読み終えていない。

なんだかとてもエネルギーを消費してしまうのは、やっぱり主人公の苛立ちや不機嫌が伝わるからなのかもしれない。

本や映画の感想をわたしはまともに書けない性分だから、これくらいに留めておこう。

 

いつも苦戦する、こういう系の感想レポート。。

 

感想なんて人それぞれだからなんだっていいじゃないか、と思ってしまう。

悪い癖かな。

 

だからわたしはむしゃくしゃしている時にクリープの歌を聴いて大声で吐き捨てるとスカッとするのか…なるほど納得。

ただ、百八円の表示を見るとつい、嬉しくなってしまうよ。

あとどれくらいそれを見れるのかわからないけれど、わたしにとっては好きな数字になりました。

消費税の計算は難しいけれど。

 

大好きとか大嫌いとか

痛みとか傷とか

淋しいとか悔しいとか

でも大丈夫だよ、なんて励ましてくれる

 

ホント、いちいち突き動かされる要素が至るところにあって

わかってんだよ、頭ではわかってんだよ!!って、自分の中でいつも言ってることを叫んでるこの人たちの音楽が好きだ。

 

素直で正直なこの4人の音楽が好きだ。

 

あのライブハウスで立ち尽くしたことはきっと、一生忘れない。

人間の性欲さえもバカみたいに表現してしまうこの人たちが好きだ。

隠さないでいいじゃん、ね。

時と場合によることくらい、そんなことくらいわかってるよ。

ねぇ、皆さま?

 

叫ぼうよ。

「今度会ったら・・ しよう‼」


クリープハイプ 「HE IS MINE」

 

 

 

じゃあね、またね

 

おやすみ