読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

鬼は外、福は内。

二度寝

 

さて、いよいよ今週から戦々恐々としていることが始まります。

というわけで、この辺りでブログの更新が途絶えると思われます。

新しいデザイン(PC版)は見て頂けたでしょうか?

ま、見てもらえなくてもそのまましばらくは変えるつもりないからいいんですけど。笑

 

なんとか連休の寂しさから逃れられた昨日。

両親が手伝いに来てくれて久しぶりに家族団欒の時間。

その時間が一番心地良くて、ああもうこのまま死んでもいいかなとか、ね。(死なないけど)

 

さんまさんがいつか「家族団欒は難しい!」て言ってたことがあって

そうなのか?と思っていたけれど、自分自身思い当たる節もあって、今回改めてほんとそうだなぁと実感。

 

”家族団欒=家族が集まってなごやかに楽しむこと”

 

いやあ、大変なことですね。どこかに少しでもヒビのような亀裂が入ってたら、そんなこと成立しないんですもの。幸いなことに昨日はほんとに親子水入らずの時間を過ごすことが出来てリフレッシュ。

いつも一人でご飯を食べるのは、やっぱり食欲が湧かないし、機械的な食事にしかならなくて。とりあえず栄養補給しなくちゃ、なんて。

誰かと話しながら笑いながら食べるご飯は美味しい。

 

両親を出迎えた時のわたしは、もうなんだかとてもブルー(というよりもグレーだったかも)で、自分でも酷い顔してんな・・って思っていたし、今日せっかく来てもらったのに怒らせてしまうかもしれないと半分不安だったり。

ちょっと本気で「実家に帰りたい」と口に出したらあれこれと考えてくれたけど、「いや、それでも帰らないよ」と頑張る決意を示した。

 

超がつくほど言霊を信じてるわたしだから、泣きごとを云うのは憚られたけれども

吐き出したことで少し心が軽くなった。

 

父がわたしの部屋のラグの位置をちょっと直そうとしたら、とっさに結構マジで怒った。感情をこんなに出すことは久しぶりだった。

色々と動かされることはどうも許せないみたいだ。笑

こんな性格だから、他人と暮らすのは無理…実家だったら大丈夫なんだけど、アパートってもう自分の世界だから、たとえ親でも勝手に場所を動かされるのはご免だーー!

 

父と母のやりとりを見ているとほっこりして、良かったなと安心する。

妹のバカ話を聞いて、みんなで涙が出るくらい笑い転げた。

 

母が作ってくれたご飯はやっぱり美味しかった。

いつもテキトーな母。。

 

歳を重ねるほどに親ってすごいなと圧倒されて、見習うべきところが沢山あるなぁ、って尊敬?尊敬というのかわからないけど、至る所にいばらのある人生を生きてきた人たちはやっぱりすごかった。

 

ありがとう。

 

夏休み、帰るから。それまで頑張るよ。

からだに気をつけて。。