読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

資質向上委員会

だいぶ暗い話だったかな。変な話だったかな。

 

わたしはなんとか持ち直した、と、思ふよ。

涙を流した。

心はスッキリとはしなかったけれども、時間が解決してくれたんだろう。

 

いいさ。

それでも。

わたしのやり方ってたぶんあって、いつも同じようにやってるけど、たぶん気づかぬうちにどこかが変わっていってて

周りの人たちがそれを認めてくれているのならば。

 

わたしは自分に満足していないけれど、妥協も必要なのだ、と。

 

 

あと、もうすこし

 

今年は踏ん張らなきゃいけない年。

(とくに精神的に)