読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤色リップ

ルージュの伝言はきっと赤色。

色づきを待ってる

気づけばもう、 11月も終わろうとしている。

いつもいつも怒濤の日々である。。

 

そして タイムリミットはもう2ヶ月を切ろうというところだ。一喜一憂するではない、と、心に思いながらもやっぱり結果が全てのような気がする。

言い訳は必要ないのよ。 

 

好きな人としばしのお別れをしてきた。

わたしは依存してしまう傾向にあるから、気をつけてはいたつもりだが、のめり込んでしまっていた。友人に指摘され、ああ、と項垂れてみてももう時間は限られている。

お別れといっても1週間もすればそのうち会える。し、それが10を数える前に終わる。

 

イベントごとは許してね、と 伝えてきた。

そのかわり誕生日は遅くなっても何かしようと思う。お金がないから、たぶん気持ち程度にしかできないけれど。

 

 

 

閑話休題

 

しかしながら、そうは言いながらもなかなか身体が辛い。

寝ても覚めても眠たかったり、午前中はなんとかやり過ごしても午後からはもう背中の痛みに耐えながら2コマの授業を受ける。 

帰宅後はほぼぶっ倒れている。

 

皆はよくもまあ20時までぶっ通しで勉強できるものだな…信じられない。

 

休むことに罪悪感を持ちながらの生活とはなんとも体に悪い。リフレッシュできないし、ずっと頭も心もすっきりしない。

点数は伸びないどころか最初の模試より悪いし、 順位が後ろから数えた方が早いなんて人生初すぎて凹む。

 

ポジティブさを忘れてはいけないよ、がんじがらめになったら自分がキツいことくらい、わかってる。

 

言霊を信じるしかないと思い、紙に書いてみた。前向きな言葉や、これまで励ましてくれた言葉を。

 

頑張らない けど 諦めない

 

そう、諦めずにコツコツ努力するのだ。

自分の可能性を信じる。

 

今年の紅葉はゆっくりだなぁ、と思い

自分自身と重ねることにした。

もうすぐでちゃんと色づいてはらはらと舞い踊るはずだよ。

季節は巡るんだからさ。。

 

高校のいちょうの木はどうだろうか。

あのジンクスが本当であれば、わたしに力を与えて下さい。

 

きっと今は、引き寄せのパワーを補充しているところ。